辺縁悠想物書店

お絵描きをメインにその他いろいろ書くブログ

絵の上達目指して描き続けて5ヶ月目をまとめた

ようやく間を空けずに定期更新開始。今年は曇りの日が多く珍しく京都市にしてはそこまで暑くないような(お絵描きと関係ない)。

※載せている絵にブログ主のTwitterのIDが描いてあるものがありますが、当時のもので現在のIDとは異なります

先月(4ヶ月目)はこちら

 

【5ヶ月目(2016/7)上旬:お絵描きリスタート】

以前購入したポーズ集、手元にある漫画などをひたすら模写。先月末の公務員試験の為にできてしまった10日ほどのブランクをがんばって埋める。とりあえず線を薄く引く事を意識する。気がつけばラフ画ばっかり。まともに描いたのこれぐらいしかないな…

 

f:id:antique088b:20160801231930p:plain

そういやハンタがまたしても休載が決定。冨樫先生地元のPRのために仕事をしているそうなのでそこまで不安にならなくてもいい…のか?BLEACHもトリコも終わりが近いし、読む漫画の新規開拓をせねば。ハイキューと鬼滅の刃を真面目に読み始める

 

【5ヶ月目(2016/7)中旬:2次試験対策裏でごそごそと】

公務員1次試験が通ってた。てなわけで2次試験対策に追われてた。1次試験の時とは違ってお絵描きは休止しない、せめて直線や円を描く練習だけでもすることを決める。この期間は正面向き以外の顔を練習してたんだけどどれも酷くて泣きそうなものばかり。やはり正面以外の向きの絵の経験が絶対的に不足してる…

 

【5ヶ月目(2016/7)下旬:お絵描き100枚目到達】

この期間のど真中に某所の公務員2次試験。前半は引き続き正面向き以外の顔を練習してて、後半は手元にある漫画の模写をしてたのとあと以前から言ってた「直線や円を描く練習」を準備運動代わりに導入。あんだけ口うるさく言っておきながら実際にやったのがおよそ1ヶ月後ってのは大反省。お絵描き以外でもなんか新しいのを導入する時は変に調べすぎたり先を見すぎたりして行動を起こさないのが悪い癖だなー。

で7/29、3/1からお絵描きを始めて100枚目に到達(所要時間151日)。

 

f:id:antique088b:20160801232020p:plain

キリ番だったけど特に何かしないといけない使命感とか沸かなかったのでいつも通り(当時)の模写。描いててそういや表情のバリエーション全然ないなーと感じ、表情も今後の課題ですなと考える。このペースでいくとコピー用紙500枚消費は来年の4月以降か…

先月末からの公務員試験の影響で今月はなんか内容がないよう(寒い)な月になった気がする。もっと頑張りたいとこだが9/18までは公務員方面の参考書と二人三脚しないといけないので1日のリズムというか時間の使い方を改善しないといけないなー…

 

6ヶ月目に進む

絵の上達目指して描き続けて4ヶ月目をまとめた

ようやくたまってた分を消費し切れた。来月から月初めに記事を上げて行きたいね。

※載せている絵にブログ主のTwitterのIDが描いてあるものがありますが、当時のもので現在のIDとは異なります

先月(3ヶ月目)はこちら

 

【4ヶ月目(2016/6)上旬:集合絵がんばってた】

ツイッターのヘッダー画像用に東方キャラの集合絵描いてた

f:id:antique088b:20160701213852p:plain

今見ると微妙。どういう風に微妙かは上手く説明できないが…。上手く説明できない以上はインプットもアウトプットも足りてないんだろう。はっきりさせるためには本格的な分析が必要。それはさておきこの絵を描き上げるのに8時間かかった。これを1時間でかけるようになるにはどんだけかかるんだろうか…。最初は全員全身が映る構図にしようとしたんだけど、ポーズのバリエーションが少なくて全然ダメだった。あとこの図で描いてたキャラの身長差がどうしてもつけられず(自分の中では7人のうち5人はほぼ同じ身長というイメージがある)、見栄えがしないため諦めた。集合絵の多いテニスの王子様とか参考にしたんだけどね。

あと描いているうちに肩が下がりすぎてしまう・手を小さく描いてしまう癖があることに気づく。2ヶ月目の記事で載せた絵も肩が下がりすぎてる気がする。手の方は大学の漫研現役時代からずっと注意しているのだが未だに治ってない。要注意項目。

 

【4ヶ月目(2016/6)中旬:課題?のゴールドラッシュ】

ポーズ集を参考に座るなどのポーズを色々模写してた。立体感がなかったり、重心がログアウトしてたりと酷い絵を量産してた。模写に徹しても描き続けるうちに途中で資料を使わずにイメージだけで描こうとする癖があるようだ。あと全身絵を描く場合は顔から描くのではなく、大雑把でもいいから体を先に描いた方がよさげ(そうしないと足が紙からはみ出たりする)。他にも、同じく絵を描いてる後輩とかのメイキング見てると自分の筆圧がきついせいかラフでも線が濃い。描く姿勢とやらから見直した方がいいか…?そして先月の全身絵に続き正面・真横以外の向きの顔が全然描けてないことに気づく。4,5回修正しても次の日に見直すと穴があったら入りたいレベルの出来のままだったり。うん課題を大量に発見できた週だったな。

 

【4ヶ月目(2016/6)下旬:公務員試験により休止、10マス戻る】

6/26に公務員試験があったためこの期間はお休み。で、翌日にお絵描きを再開したのだが、定規で補助線引かないと顔や体の線が歪むに歪む。そして修正がんばってもなかなか直らない。10日近く休んだだけで1ヶ月目下旬~2ヶ月目上旬頃の自分に戻ってしまった感じがあった。どこかでプロでも3日休むとその分を取り戻すのに10日かかるという話を聞いたが、素人の自分ならなおさらであろう。放置効果で変な癖が抜けて上手くなるとでも思ったのかぁあああああああああああああああ(щ゚Д゚) щ彡┻━┻

せっかくの機会(?)なのでまず描き方から改めていく。先週で出た課題を考慮して筆圧弱くするなり全身絵は体から描くなり。あと○を右回り左回り両方含めて100回描くとか、直線をフリーハンドで1㎝感覚で描くとかの練習を別途入れるべきか。曲線も直線も思う様に線引けないってのはストレス要因。

 

課題がたくさん見つかりそして公務員試験の為の強制的な休止で随分と自分の粗が出てきた。この課題どもをぶっ倒せばワンランク上になれそうだが…さてどんだけかかるんでしょうね

 

5ヶ月目に行く

絵の上達目指して描き続けて3ヶ月目をまとめた

試験に面接で1か月遅れとなったが、先月同様(ry。

※載せている絵にブログ主のTwitterのIDが描いてあるものがありますが、当時のもので現在のIDとは異なります

 先月(2ヶ月目)はこちら

 

【3ヶ月目(2016/5)上旬:模写をがんばる】

2ヶ月目下旬で決めた「ファッション雑誌のモデルさんを模写する」を開始。

f:id:antique088b:20160629233555p:plain

模写を始めて今まで顔と首から下が上手く噛み合ってないことがわかり始める。そして体の構造を意識するようになる。関節が変な方向に曲がってるとかそういう致命的なミスはないんだけど、なんというか今まで描いてきた絵はどことなく薄っぺらいというか立体感がないというかバランスが悪いというか、云々。そういや世間ではGWらしいが自分はそんなの関係なかった。社畜じゃない方面で(泣)。

 

【3ヶ月目(2016/5)中旬:下半身を描いてこなかったツケ】

引き続きファッション雑誌のモデルさんを模写模写。お絵描きを始めてから今まで下半身を描かなかった絵が多かったためか足(靴)が全然描けないことに気づく。それを受けてできる限り全身絵を描くようにした。足に関しては靴の構造がわかってない、といった部分もあるね。それはそうと全身絵を描いているうちに昔買った「スーパーマンガデッサン」が威力を発揮するようになる。大学1年生の時に先輩に勧められて買った本だが…まさか7年以上も経ってようやく陽が当たるとは。ゴメンよスーパーマンガデッサン。

 

【3ヶ月目(2016/5)下旬:外的要因でモチベダウン】

引き続きファッション雑誌の(ry。この時期は体力づくりのためにやっていた縄跳びでひざを痛めてあんまり集中して描けなかった。あと某地方公務員試験の試験内容が変更となりあたふたして意気消沈したり(勉強内容の4割ぐらいが水の泡に)。それに伴ってお絵描きのモチベもだだ下がり。絵の方は足(靴)が前よりは描けるようにはなった気がした。でも正面からの足(靴)は苦手なまま。試行錯誤を繰り返した結果奥行きつまりはパースを意識した方がよさそうという答えは出た。少なくとも足が接してる面はきちんと把握しろよと。

ファッション雑誌のモデルの模写をするという方向転換を決めて、顔とそれ以外の部分が噛み合ってなくて全体のバランスが悪いとか、足が描けないとか改善すべきポイントが見えてきた。一気に駆け抜けたいけど、練習量に比例して上手くなる世界じゃないんだよねお絵描きっていうのは。1つずつ地道に課題を潰していくしかあるまいて

 

 4ヶ月目に行く

絵の上達目指し描き続けて2ヶ月目をまとめた

某試験勉強で1か月遅れとなったが、先月同様ブログで日記形式で載せると決めた以上は(ry。当初は試験が終わって落ち着いてから投稿しようと考えたが、パソコン内のいらんファイルの整理のついでにとっとと放出することにした。

※載せている絵にブログ主のTwitterのIDが描いてあるものがありますが、当時のもので現在のIDとは異なります

 先月(1ヶ月目)はこちら

 

【2ヶ月目(2016/4)上旬:惰性でなんとか生き延びる】

なんか惰性で描き続けてたことしか記憶がない。ただ深く考えず惰性で描いていても自分が毎回上手く描けない、納得いかない部分があるというのは感じ取りつつあった。この時期でそう感じた点は髪の毛の描き方と線の太さだった。後者はこの時期描いたラフ画にペン入れしたりしていたのだが、使うペンの太さが常に同じだったのでそういう結果に。細いペンも使って緩急つければいい話なのだが(面倒くさくてそこまではやっていなかった)。前者はしばらく試行錯誤を続ける。

 

【2月目(2016/4)中旬:やる気はログアウトしました】

2ヶ月目中旬に入る頃はツイッターのアイコン用(当時)にがんばって描いてた。当時はお絵描き再開してから一番うまく描けたと豪語していたが…

f:id:antique088b:20160531221959p:plain

肩が下がりすぎてるような…?それと髪の毛どうにかならんかったかな。あと描き上げた後左手を描き忘れてることに気づいて慌てて修正したという愚行もしでかした。(それとこのキャラは基本無表情なので口がいくらなんでも雑すぎたかな。)

その後はアイコン制作で満足してしまったのか、やる気は底。3月下旬よりさらに下。この時はゲーム欲強く、そっちに流れてしまったこともしばしば。一応2日に1枚は一応描いていたけど、新たに見つかった改善すべき点とかはなし。

 

【2月目(2016/4)下旬:来月からの方針が定まる】

やる気がどん底の中、HUNTER×HUNTERの連載が再開…!読んでいるうちに「そういや自分はハンタのような能力系のバトル漫画が描きたかったんだ」と漫研所属時代に脳内の奥底にしまい込んで忘れたモノが呼び起こされた。当初はかわいい女の子が描ければ…なんて思っていたが、俺が描きたいものはそっちじゃない。ハンタみたいな漫画を描くためには…と思考を巡らしてるうちに、ネット上ではよく言われている「デッサン」重視の練習をすべきではないかという結論に至る。デッサンとは言ってるけど、厳密には体の構造とかを理解するということだ。というわけで来月からは昔買ったファッション雑誌のモデルさんの模写をするか、と決めた。2ヵ月目下旬にてようやく目指すべき場所がはっきりとした。やるべき事はまだ手探り状態だが。

振り返って見るとこの月は全体的にグダってたが、今後の方針が立ったことは唯一良いことだった。

 

3ヶ月目に行く

絵の上達を目指し描き続けて1ヶ月目をまとめた

修士論文審査会も無事終わり、修了が確定した。公務員or大学職員を目指すので少なくとも半年の時間ができてしまったので、勉強の傍らお絵描きを始めることとした。ちなみにこのブログ主は元漫画研究部所属。とは言っても現役から3年は経ってしまっているが…

勉強が忙しかったため内容が2か月前以上となってしまったが、ブログで日記形式で載せると決めた以上は載せる。この記事が絵の上達に繋がるかは見る人の解釈次第。

 

※載せている絵にブログ主のTwitterのIDが描いてあるものがありますが、当時のもので現在のIDとは異なります

 

【1ヶ月目(2016/3)上旬:毎日描く癖をつける】

f:id:antique088b:20160523215419j:plain

2016/3/1からスタート。コーナンでコピー用紙500枚のやつを買ってきて、それを1日1枚ずつ描いていくことにする。某所の「才能が~画力が~で悩むならコピー用紙500枚を描き切ってからにしろ」を心に刻みつけて。所属していた漫研の後輩がちょうど原稿時期だったこともあってモチベは高く、好スタートを切れたとは思う。とりあえず毎日絵を描く習慣を身に着けることを頭においてがむしゃらに描いてた。

下の画像は3/3に描いた絵。顔が縦長では…?。そういや当時のツイッターのIDはこれだったっけ

f:id:antique088b:20160523215813p:plain

 

【1ヶ月目(2016/3)中旬:下がりつつあるやる気】

お絵描き始めたばっかりはやる気は高かったものの、やる気はどんどん下がっていった。某試験勉強も同時に進めていたので、それに時間を取られて疲れたりしてお絵描きをしない日が何回か出る。連続で描かない日は出なかったが、こういう時の対処法は絶対必要だよなーと考え始める。とはいっても1週間そこらしか描いてない自分にそんな上手い方法が思いつくわけない。結論は試験勉強の予定が2日分以上遅れているか高熱でダウンしてない限り無理でも描き続けること。何をどうしようにもとりあえずある程度描き続けないと克服したい箇所とか描きたいものとか出てこないからね。

 

【1ヶ月目(2016/3)下旬:自分史最初の壁】

大学の行事の関係で物理的に時間が取れない日もあったりしてやる気は依然として低空飛行。そういや昔も何回か夏休みとかにお絵描き練習がんばるぞーと気合い入れて描き続けたことがあったが、どれも20日ぐらいで放り投げてたな。うちの大学だと夏休みは60日あるはずなんだが…?3日坊主の次は20日野郎か?そう思いつつ最初の分岐点と名付けて意地でも描き続けた。学位授与式~追いコンを挟み、気分を一新してなんとか自分のお絵描き継続記録を更新した。しただけ。

1ヶ月目終了時点で描いた絵の総数は25枚。理想なら30枚描いているはずだったが…まあ自己最長記録を更新したので出だしとしてはいいとは思った。とりあえず「知識あるだけ、描いたとしても気まぐれにしか絵を描かない老害おじさん」から「最底辺絵師」には戻れただろうか。

振り返って見ると、始めたばかりだからまずは習慣づけが大事だけども、自分の描いた絵を見直して改善点を探す機会を作るべきだったのではないかと。一応描き終えた時に感想を書いて残してはいたが、見直してはいなかったし。 

 

2ヶ月目に行く

アンケートサイトでちょっとした小遣いを稼ぐ話

タイトル通り、アンケートサイトでちょっとした小遣いを稼いでいたのでそのことを書いてみる。

 

まずはアンケートサイトについて。登録するとアンケートが送られてくるのでそれに回答していく。アンケートの内容は飲食から家電、旅行経験、SNS、スポーツ、テレビCM、生命保険、高級腕時計についてなど様々。回答するとポイントがたまり、一定のポイントがたまると商品券なり現金なりと交換できる。アンケートだけでなく、インタビュー調査や買い物モニタといったものもある。アンケートサイトは色々とあるのだが、自分は「マクロミル」と「キューモニター」の2つを利用している。理由は両方とも現金交換でゆうちょ銀行を指定できるからである。

アンケートに回答するともらえるポイントについて、基本は上記の両サイトともに2~3ポイント。マクロミルの場合、別に本アンケートというものがあってそれはポイントが高め。10ポイントから100ポイント以上もらえるものまで様々。キューモニターの方は本アンケートといった区別はないが、それに該当するものがたまにきて同様にポイント高め。どちらのサイトとも1ポイント=1円の扱いとなっている。またアンケートには回答期限と回答者数が決まっていて、どちらかが規定値を超えるとそのアンケートは回答不可になる。ちなみにインタビュー調査は5,000円から10,000円がその場で支給されるらしい。なお交通費は自費。買い物モニタの方は不明。

利用自体は1年半以上前からしているが、時間ができたということでこの3月から出来る限り回答してみた。結果だが、両方合わせて2100ポイントためることができた。単純計算で年間25,200円。時給900円で3時間の週3日のバイトの1ヶ月程度なのでこれを収入の主軸にするのは無理。けどちょっとした雑貨代ぐらいは賄えるでしょう。

 

【追記1】

キューモニターにて買い物モニタに当選。買い物内容と購入先の店舗を専用の機器で送信して記入する。1週間に1回ポイント贈呈。ポイントはデータの送信日と店舗の利用数で決まり最大で400ポイント。月末に忘れずに送信といった注意喚起があるが毎日コツコツやった方がよい。あとモニタの対象商品は決まっていて、野菜や肉(加工品除く)、おにぎり、シャーペンや消しゴムといった日用雑貨(洗剤や化粧品除く)は対象外。

 

【追記2】

2016年4月以降もできる限り回答し続けてみた結果

2016年4月:2258

2016年5月:2304

2016年6月:3235

2016年7月:2602

2016年8月:2215

2016年9月:2768

2016年10月:2176

2016年11月:2705

2016年12月:2588

2017年1月:2695

2017年2月:2188

 

稼ぐことができた。年間で29857ポイント。尚途中で買い物モニタに当選したがポイント数に含めていない(買い物モニタを含めると+1200~1600)。マクロミルなら本アンケート、キューモニターならそれに該当するアンケートが来るかどうかで最終的なポイント数が決まる感じ。2016/6に関しては大型アンケート(1000ポイント分)が来たのでその分稼げた。2016/7もだが大型アンケート抜くと1600ポイントで不作。ちなみに大型アンケートは回答項目が200以上あったりしてとてもじゃないがスキマ時間でやれるもんじゃなかった。あとインタビュー調査系のアンケートは来るものの当選は1回もできず。当たればでかいのになぁ…。会場が東京限定だったりするのもあるので関西在住の自分には無理。あと車の免許持っていればもうちょっと稼げてた気がする

新海嶺とかいう珍しい?筆記試験

就活で相当間が空いてしまったけど仕方がないね。ちなみに結果は敗北。戦場は公務員へ…。

そんな残念な就活で記憶が新しいうちに書いておきたいのが1つ。それは新海嶺という筆記テスト。SE(システムエンジニア)の適性を問うテストらしい。実際にはCABの方がメジャーなようで、新海嶺を実施している企業は友人が受けた企業を含めた68社のうち3社しかお目にかからなかった(余談だが全部自分だけが受けた企業だった)。ここは某匿名掲示板ではないので企業名を出すのは伏せるが、みんしゅうの書き込みを見ればすぐわかるハズ。珍しいテストだからか書きこみが多い。ちなみにIT業界以外でもこれを受けさせる企業もあるらしい。

内容だが、7つのセクションから構成されていて、CDの音声に従いながら進めていく。問題の内容は以下の通り(のはず)。

  1. 文字列をある規則に従って数字の列に変換する問題
  2. 6つの絵から同じ絵2つを選ぶ問題
  3. CABのような規則性の問題
  4. 計算の仕方が同じものを2つ選ぶ問題。一筆書きできない図は何かといった図形の問題もあり
  5. 「し」または「か」から始まる単語を3分間でできる限り書く問題
  6. 100字~150文字ぐらいの文章のテーマを選択肢から選ぶ問題
  7. 性格診断テスト。企業によっては実施しないこともある

時間は全部でだいたい40分ぐらいで、各セクションの時間はかなり短い。時間内に全問正解はまず無理だと考えていいが、3はCABをやっておけば全問正解は普通にできる。ちなみに問題用紙に答えを書いてから終了後にもう一度解答用紙に答えを転記する形式。

ネットで調べてみたが、残念ながら対策本は世に出ていないようである(もっと深く調べたらあるのかもしれない)。3はCABで4は最近出てきたテストセンターの構造性を問う問題をやればいいと思うが他は完全に地力勝負じゃないかな…。1はオリジナル問題を出す企業でたまに見かけたが。ちなみにこの新海嶺の問題は1種類しかないようである。