読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辺縁悠想物書店

お絵描きをメインにその他いろいろ書くブログ

絵の上達目指して描き続けて3ヶ月目をまとめた

お絵描き

試験に面接で1か月遅れとなったが、先月同様(ry。この記事が絵の上達に繋がるかは見る人の解釈次第。

 

※載せている絵にブログ主のTwitterのIDが描いてあるものがありますが、当時のもので現在のIDとは異なります

 

【3ヶ月目(2016/5)上旬:模写をがんばる】

2ヶ月目下旬で決めた「ファッション雑誌のモデルさんを模写する」を開始。

f:id:antique088b:20160629233555p:plain

模写を始めて今まで顔と首から下が上手く噛み合ってないことがわかり始める。そして体の構造を意識するようになる。関節が変な方向に曲がってるとかそういう致命的なミスはないんだけど、なんというか今まで描いてきた絵はどことなく薄っぺらいというか立体感がないというかバランスが悪いというか、云々。そういや世間ではGWらしいが自分はそんなの関係なかった。社畜じゃない方面で(泣)。

 

【3ヶ月目(2016/5)中旬:下半身を描いてこなかったツケ】

引き続きファッション雑誌のモデルさんを模写模写。お絵描きを始めてから今まで下半身を描かなかった絵が多かったためか足(靴)が全然描けないことに気づく。それを受けてできる限り全身絵を描くようにした。足に関しては靴の構造がわかってない、といった部分もあるね。それはそうと全身絵を描いているうちに昔買った「スーパーマンガデッサン」が威力を発揮するようになる。大学1年生の時に先輩に勧められて買った本だが…まさか7年以上も経ってようやく陽が当たるとは。ゴメンよスーパーマンガデッサン。

 

【3ヶ月目(2016/5)下旬:外的要因でモチベダウン】

引き続きファッション雑誌の(ry。この時期は体力づくりのためにやっていた縄跳びでひざを痛めてあんまり集中して描けなかった。あと某地方公務員試験の試験内容が変更となりあたふたして意気消沈したり(勉強内容の4割ぐらいが水の泡に)。それに伴ってお絵描きのモチベもだだ下がり。絵の方は足(靴)が前よりは描けるようにはなった気がした。でも正面からの足(靴)は苦手なまま。試行錯誤を繰り返した結果奥行きつまりはパースを意識した方がよさそうという答えは出た。少なくとも足が接してる面はきちんと把握しろよと。

 

ファッション雑誌のモデルの模写をするという方向転換を決めて、顔とそれ以外の部分が噛み合ってなくて全体のバランスが悪いとか、足が描けないとか改善すべきポイントが見えてきた。一気に駆け抜けたいけど、練習量に比例して上手くなる世界じゃないんだよねお絵描きっていうのは。1つずつ地道に課題を潰していくしかあるまいて