辺縁悠想物書店

お絵描きをメインにその他いろいろ書くブログ

筋トレしてるから力仕事いける→次の日ダウンした話

お絵描きをメインに記事を書いてるブログ主だが、そのお絵描きと同時に筋トレをしている。筋トレとはいってもジムに行くとかではなくて、自宅で腕立て伏せとか腹筋とかといったお手軽にやれるものである。腹筋に腕立て伏せ、背筋、スクワットをそれぞれ20回から30回で数セット、3月から毎日あるいは2日に1日やっている。あと柔軟体操(ストレッチ)とランニングorなわとびも

 

そんな中、先日短期バイトを始めた。内容は力仕事。半年以上筋トレしてるからまあ問題ないやろと思ってた。

で、初日。運搬作業系の中で重い物(20kg)を回収するのがあった。クソ重いと思いつつも問題なく回収できていたが10分も経つと背筋が少しずつ悲鳴をあげ始める。途中で休憩が入ったので助かったが、「筋トレしても足りないのかよ」と心の中でずっと呟いてた。その日はなんとか終えるものの、次の日案の定全身筋肉痛でボロボロ。いやぁ単発で助かった…

 

先ほど「筋トレしても足りないのかよ」と書いたが、厳密にいうと

筋トレで鍛えた筋肉以外が悲鳴を上げた

が正しい(と思う)

例えば腕立て伏せは名前通り腕が鍛えられるかと思いきゃ姿勢によって違うらしい。ブログ主はワイドプッシュアップでやっているのだがこれは大胸筋で、腕を鍛えるならナロープッシュアップでやらないと効果は薄いらしい。そんなわけで大胸筋は筋肉痛にはならなかったが腕は見事に筋肉痛で死にました。もちろん鍛えていてもオーバーしたものもある(背筋)。単に筋トレといってもやり方はたくさんあり、また鍛えられる筋肉がそれぞれ違うことを知り、いい経験になりました。この経験から、腕立て伏せをナロープッシュアップにするか、懸垂を入れるか、近所のスーパーからダンボールもらってきて、2Lのペットボトルに水でも詰め込んで5本~10本入れて地面から持ち上げることを繰り返し行うことを追加した方がいいかなと迷ってる。最後のやつが実戦に近いし一番直結しそうか?

 

だらだらと書いてしまったが、もしたまたまこの記事をここまで読んだ人で体をあまり鍛えていないかつ短期バイトしようという人がいたらまず体を鍛えてほしい。物の運搬に関する仕事は想像以上に全身を使う作業なので、もし力仕事がメインの場合「頭使わなくていいから楽」とかの気持ちで行くとひどい目にあう。運ぶ物にもよるが、お米10kgを肩の付近まで持ち上げられないとかだと厳しいかもしれない