読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辺縁悠想物書店

お絵描きをメインにその他いろいろ書くブログ

真冬に備えてやった防寒対策

11月も下旬に入り寒さもそろそろ本格化してくるので防寒対策をしようそうしよう。2年ほど前にも似たような記事を少し書いたが改めてネットで手軽にできる部屋の防寒対策を調べてやってみた。写真撮るの忘れたので文章だけです。載せたら部屋の汚さを露呈するし

 

 ①窓にプチプチ君を貼る

外部から伝わる冷気の半分は窓からなんだそう。窓もといガラスは熱伝導率が低いのだが24時間冷たい空気に晒されていればそりゃ冷たくなるというわけで窓の防寒対策は大事。プチプチ君(本当の名前はエアークッション)を窓に貼ることで北海道とかで見られる二重窓と同じ構造になって冷たい空気が伝わりにくくなるらしい。この時期になればコーナンとかのホームセンターで防寒対策専用のプチプチ君があるのでそれを使った。食器とかの包装に使う普通(?)のやつを貼ってもいいのだが、それを貼る時はプチプチがある側を窓に貼る事。平面側を貼ると二重構造にならないので効果は激減する。また貼るのには強力両面テープを使うのをお勧めする。普通の両面テープではちと粘着力が弱く、気づいたらはがれてることもしばしばある。防寒用のプチプチ君を擦りガラス(=表面が凸凹してるガラス)に貼る場合も同様に付属されてる両面テープではなく強力両面テープで貼ることをお勧めする。あと窓のサッシには貼らないこと。専用の対策法があるので(後述)

 

②窓際に断熱ボードを置く

窓の隙間やサッシから伝わってくる冷気をこれで遮断する。窓付近から伝わる冷気を遮断するなら分厚いカーテンでいいのではと思いがちだが、冷気は重いのでカーテンの下の隙間から結局漏れる。そこで断熱ボードを窓際の床に置く。これで足元の冷え込みはぐっと和らぐ。ちなみに断熱ボードに石油ファンヒーターなどから出る温風を直接当ててしまうと熱で変形する場合があるので当てないように配置すること

 

③窓のサッシに断熱テープを貼る

某企業の調べによると窓から伝わる冷気のうち、サッシからの冷気が4割を占めるのだそう。とはいっても①②に加え分厚いカーテンで閉めていればここまでやる必要がなさそうな気もするし、防寒用プチプチ君や断熱ボードに比べ割高な気がしたのだが、効果が立証されてることと、洗濯物の取り出しとかででキンキンに冷えたサッシを触る必要がないことを考えればやっておいて損はないので実行。ちなみに真夏の窓際の暑さ対策にもなるらしい

 

④床に保温シートを敷く

保温シートの銀面は赤外線つまり熱を反射するのでその結果部屋に熱がこもるので暖かさが持続できるらしい。試しに敷いてみたが、確かに陽が射しこむ時間帯だと本当に暖かい。またカーペットがすでに敷いてある場合でも下に挟むことでさらに部屋を暖かくできるらしい。ちなみに敷く時は銀面を上にしないと効果が薄いとのこと。断熱ボード同様熱で変形する可能性があるので、石油ファンヒーターなどを使ってる人はそれを置く場所または温風が当たる場所にマットなどを敷いておくこと

 

いくつか防寒対策をしたのだが、欠点もあってこれらの対策をすると見栄えが悪くなる。ブログ主は自分の部屋に友人やお客様を招く機会が皆無なので気にしてないが、もしこの記事をたまたま読んでやってみようかなと思う人はそこに注意されたし