読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辺縁悠想物書店

お絵描きをメインにその他いろいろ書くブログ

秘書検定2級を受けてきた

2月某日、秘書検定2級を受けてきました。名前の通り、上司を補佐する秘書としてふさわしい知識や実務などの検定。3級、2級、準1級、1級と4段階に分かれていて、2級までは筆記試験のみ。準1級からは秘書としての実際の対応ができるかどうかを確かめる面接が加わる。「秘書」とついてるので一見この資格を取っても秘書以外役に立たないのではないかと思うかもしれないが、秘書としての対応(上司の予定管理等)だけでなく、ビジネスマナーや敬語、企業の経営に関わる用語や一般常識などの“社会常識”を学ぶので秘書以外の人でも有用。特にこれからインターンシップに行くとか就活の準備を進めている学生さんにはいいと思う。ブログ主は民間の企業の就活をしたことがあるが、説明会などの先輩社員との交流で「マナーがしっかりしている人は好印象」と答える社員の人が多かったように記憶しているので

 

民間企業の就活を1度経験したことがあるとはいえ、一般常識にもマナーにも疎いことは自覚しているのでそれを直すためにも秘書検定を受験することにした。3級は基本的な知識のみなのであまり有用ではないと世間一般に言われているようなので、ブログ主は2級から受験した(3級は飛ばせる)。大学1,2年生なら3級からのんびり始めてもいいかも。対策だが、去年の12月から毎日30分参考書を読みながら問題集を解いた。使ったのは「秘書検定クイックマスター2級」と「秘書検定新クリアテスト2級」。今年に入ってからは勉強時間を1~2時間に増やした

 

秘書=女性、というイメージがあったのだが、試験会場に行くとやはり9割が女性だった。おかげでエレベーターで移動がしづらい…。国会議員などの秘書は男性の場合が多いらしい。試験時間は2時間だが(真面目に勉強してれば)比較的時間には余裕があり、早い人は1時間が過ぎたあたりで退席していた

 

格通知書の送付はまだだが、秘書検定のホームページにて合格したことを確認。勉強した努力を形として残せたので満足。まあこれからも定期的に勉強するなり実際に使っていかないとがんばった意味がないけどね