辺縁悠想物書店

お絵描きをメインにその他いろいろ書くブログ

自作パソコンの電源がつかなくなった?

先日投稿した別記事でも少し書いたが、たまーにパソコンの突然電源が落ちたり再起動したりするときがある。タコ足配線による電力供給不足だったりwindows updateのせいだと結論づけたが、昨日電源がついては消えたりを繰り返してとうとう電源すら入らなくなってしまった。仕方なくサブのノーパソを開いて自分でできる範囲で原因を特定することにした。

 

症状を改めて書くと

  • 起動してからしばらく経つと突然電源が切れる
  • どれも30分以内に起きた
  • 電源が切れた後は勝手に復帰する、そうでない場合でもPCケースを動かしたりすると復帰する
  • 1回電源が切れた後はシャットダウンするまでこの症状は起きない
  • ただし昨日は連続で電源が切れ、最終的には電源が入らなくなった

こんな感じ。6月中旬に自作パソコンを組んでから1ヶ月後にこの症状が出た。8月末に毎日起こるようになった後おさまったかと思ったら急に悪化した。3ヶ月も使ってないのにもう壊れるとか本当に勘弁してほしい。

 

で、この手の問題はよくあることらしくネットで調べると原因は

  • 埃がたまっていて熱がこもっている(いわゆる熱暴走)
  • 電力が足りてない(PC全体に必要な電力の量が電源ユニットの供給量を超えているなど)
  • 電源ケーブル類が抜けかけている(組み立て不良)
  • 電源ユニットの故障
  • マザーボードの故障
  • CPUの故障 他各パーツの故障
  • UEFIのバージョンが古い

といろいろある。1つずつ調べていく。

 

熱暴走が起きている可能性だが、電源が完全につかなくなる前にHVMonitorを使って温度を覗いてみると40度にもなっていないのでまずない。埃もぱっと見てあるように見えなかったが一から組み立て直すつもりなので掃除しておこう。ついでにCrystalDiskInfoHDDの状態も覗いてみたがいたって正常。

電力不足だが、PC全体に必要な電力の量を補える電源ユニットを使っているのであるとすれば上にも書いたタコ足配線が悪い可能性がある。症状が出た後壁コンセントに差し直したが改善されなかったのでこれではないようである。

次に疑ったのが電源ユニットの故障。一旦全部のパーツを外してこちらのサイトの簡易チェックを試してみると、電源ユニットのファンが回ったので故障していないようである。電源ユニットから伸びてるコードが逝ってる可能性はあるが。

ここまで来るとマザボCPUが逝ってる可能性が現実味を帯び始める。もしそうだとすれば修理代ないし新規購入でお金が飛ぶ。ただの組み立て不良であってほしいな…。

先ほどのサイトを参考にしながら組み立て直して逐一電源が入るかチェックする。後はグラボというところで電源を入れると起動した。悪いのはグラボか?と思ったが、休憩後もう一度電源を入れてみるとまた電源すら入らなくなった。となるとやはりCPUマザボが悪いのだろうか。

もう一度最初から組み直すことにする。ここでUEFIの初期化をしてないことに気づいたので初期化をする。先述のサイトだとそのボタンがあるそうだが、自分が使っているマザボPRIME H270-plus)にはないようなので電池を外すかCMOSクリアヘッダーにドライバーをあててショートさせて初期化する。

慎重に組み立てているうちにどうもATX電源コネクターが抜けやすいことに気づく。きちんと刺さったように見えてもグラボを刺すスロットの横のLEDが光らない(=通電してない)場合も。どうもこれが原因のような気がする。他のコード類の位置関係も調整してみてなんとか上手いこと刺さった。

全部組み直して電源を入れる。無事起動。30分以内に電源が切れることはなかった。とりあえずは直った。原因はATX電源コネクターが上手いこと刺さっていない組み立て不良という結論に落ち着いた。マザボの組み立て不良という可能性も残っているがATX電源のコードの方が怪しいなうん。1週間様子を見て問題なければマザボCPUが逝ってたわけではないということで。