辺縁悠想物書店

お絵描きをメインにその他いろいろ書くブログ

手帳と言えば

9月末から本屋とかで来年の手帳が店頭に並ぶようになった。3年前から手帳は使っているが、あらためて覗いてみるといろんな手帳があるんだなぁと思う。マンスリータイプ(月間ブロック)、週間バーティカル、週間レフトタイプ、週間ホリゾンタイプ、週間ブロックタイプ、11ページタイプ、ガントチャートタイプ…さらに細かく見れば就活に特化したものやキャラクターものもある。自分の地域のローカル番組でも特集されてて、小宮さんのビジネスマン向け手帳とかが人気らしい。

 

さて手帳と言えばドラゴン桜を思い出す。手帳は将来の予定を書き込むものだが、作中では今日の勉強内容など過去のことを記録していく使い方を紹介している。手帳に勉強内容を記録することで勉強の成果を手に取れる形にする。そうすることで不安になったときに手帳を見れば自信を取り戻せるという心理操作ができるそうだ。

現在自分も資格勉強中ということもあってこの方法を取り入れている。不安を取り払うだけでなく、生活習慣の改善とか課題の洗い出しもできるので便利。そういうわけで自分は週間バーティカルタイプである小宮一慶のビジネスマン手帳を使っている。

f:id:antique088b:20171007165014j:plain

これ。月間目標を書き込めるページがあったり、日ごとに「今日の数字や気づき」を書く欄があったり、ビジネスマンらしく経済指標の一覧や路線図なども載っている。自分はビジネスマンではないのでどうしても余計なページが出てしまう(投資とか負債とか)。また1日のスケジュールも22時までしか書き込めない。自分は22時以降も勉強したりしてるわけでそれが書き込めないのはちょっと不満。まあ自分はビジネスマンではないので文句を言うのはお門違いだが。そもそもビジネスマンからし22時以降は夜間業でもない限り残業…。

来年のはその点を踏まえて11ページのものにしようかと思ったけど、どれも値段が高い。結局は24時まで書き込める、高橋書店から出てる2018年見開き1週間バーティカル式のものを購入。

f:id:antique088b:20171007165112j:plain

これ。正式名称はデスクダイアリー No.95、でいいのかな?1月始まりと書いてあるが12月からページがあるので1ヶ月早く使える。そうかそろそろ年末…年間目標…う、頭が