辺縁悠想物書店

お絵描きをメインにその他いろいろ書くブログ

スーパー何頭身デッサンを改めて一読

f:id:antique088b:20171216201544j:plain

スーパーマンガデッサンに続きスーパー何頭身デッサンも読み直してみての感想。スーパーマンガデッサンの方は大学の漫研に入るのとほぼ同時に買った記憶があるがこっちはいつ買ったか覚えていない。多分3回生の時に買ったような…。こちらも大学卒業してお絵かきを再開してからようやく使うようになった(ダメなやつ)。

 

この本のコンセプト

2頭身~8頭身のプロポーションおよび描き方を載せた本。お値段は2000円ほど。刊行はスーパーマンガデッサン同様2006年と古いが今でも店頭に置いてあることが多い。先述の各頭身のプロポーション他にもデフォルメ表現の仕方やあおり・ふかんの描き方についても触れている。スーパーマンガデッサンとは姉妹本の関係にあたる。正式名称は「スーパー何頭身デッサン 理にかなったデッサン」。

 

使い方

言わずもがな、頭身が違うキャラ(子供と大人など)の描き分けをするときの参考に使う。あとはデフォルメのキャラばっか描いてたけど画力向上を目指したり思い切って路線変更してリアル頭身のキャラに挑戦したいときとか。

 

注意点 

スーパーマンガデッサン同様萌えキャラの描き方については載っていないので萌えキャラを描きたい場合は別の本をあたりましょう。あと某なんでも吸い込むピンク玉のような1頭身や某サッカー漫画のような10頭身の描き方については載っていない(例として描かれてはいるが)。

 

スーパーマンガデッサンほど使う場面はないけど、あって困ることはない。自分の経験上意識しないと1つの頭身(=同じ背の高さ)のキャラばっかり描いたりするのでいざ変えてみるとバランスが狂って大変なことになるのもしばしば。そんなときに毎回開いてる本。局所で必要な感じ?

 

スーパーマンガデッサンはこちら↓

antique088b.hatenablog.com