辺縁悠想物書店

お絵描きをメインにその他いろいろ書くブログ

突然の再起動の正体はKP41病だった?

昨年の末に突然再起動ループが起こったという記事を書いた。

antique088b.hatenablog.com

あれ以降はたまに突然再起動がかかっていたもののそれなりに安定はしていたが9月に入って頻度が上がった。数日経っておさまったかと思いきゃ症状は悪化、先週には再起動どころか安定して電源が点かなくなる事態になった。こちらも過去に体験済み。

antique088b.hatenablog.com
windows updateでしょハイハイと思っていたが1週間以上も続いてかつ電源も安定して点かなくなると本当にそうなんだろうかという疑問が出てきた。別の原因があるんじゃないかと思い、サブのノートパソコンを引っ張り出して原因を突き止めてみたい。

まずは突然の再起動を切り返しているパソコンのログを確認してみる。windowsの管理ツールのイベントビューアで覗いてみる。

f:id:antique088b:20180923162804p:plain

「情報」「警告」「エラー」「重大」だのいろいろと出てくる。突然の再起動の場合は「重大」に分類される。その「重大」イベントを見てみると『システムは正常にシャットダウンする前に再起動しました。このエラーはシステムの応答の停止、クラッシュ、または予期しない電源の遮断により発生する可能性があります』とのメッセージが出る。うーんこれだけでは何も判断できない。とりあえずログに出てるKernel-Power41を検索してみると「Kernel-Power 41問題」というのがヒット。ヒットしたサイトをいくつか覗いてみると自分のパソコンと似たような症状(同じように突然再起動が始まったり、フリーズしたりブルースクリーンが出たり)を患っているようなので多分自分のパソコンもこの問題が起きているんだろう。ちなみにKP41病とネットでは言われているらしい。

このKernel-Power 41問題(KP41病)は基本ハードウェアの問題で自作パソコンではよくあることらしい。windows updateによる場合もあるらしいが疑うとしても最後の方といったところか。さて対処法としては以下の8つがある。

1:USB機器を外して運用してみる
2:USB機器の規格があっているか確認(USB2.0のポートにはUSB2.0のもの)
3:電源コードを延長コードに差している場合は直接コンセントにつなぐ
4:完全にシャットダウンしてコンセントを外し30分程度放置して放電
5:CMOSをリセットする
6:パソコンの掃除
7:windows電源の管理を開いて高パフォーマンスに変更
8:ビデオカードのドライバーを一旦削除して再インストール


他にも対処法はあるがオーバークロックを行ってるとかの話になるので基本はこの8つ。とりあえず1~4を順に実行。再起動の頻度は変わらず。5を実行しようとしてパソコンの中を見たら埃が溜まっていることに気づき先に6を実行。パーツを一旦全部外して掃除して再度組み立てて起動。起動数秒後に落ちることがたまにあるがそれ以外は問題なし。ここ数日は起動後すぐに落ちることもなく安定している。うーんやはりwindows updateではなくハードウェアの問題としてみた方がいいっぽい。

また再起動ループが来たら今回と同じようにUSB周り確認→放電→掃除→パーツ再度組み立てで直るかどうかチェックしてみるとしよう。それと以前別のトラブルマザボのメモリスロット1つが逝ってたのを考えると根源はマザボかもしれない。予備を用意しておくべきか。